宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 水・日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

まごころを毎月お届けする麗明堂コラム

2023年5月8日 2023年5月 コラム

 今月は、心の栄養剤『ニューモラル』の冊子から、とても為になるお話をご紹介したいと思います。

 

 江戸時代の儒学者・佐藤一斎藤(1772~1859)の言葉に、このような言葉があります。

「老成の時は、まさに少年の志気を存すべし」

 これは、年を取って熟練してからは、若者の盛んな意気を保つようにすべきであるという意味です。

 

 人は生きている限り、老いから逃れることはできません。

 しかし、たとえ高齢になっても、いつも青年のような瑞々しい精神を失うことなく、長年培ってきた知恵と経験を生かしつつ若々しく創造的に生きる姿は、多くの人々に希望と勇気を与えることでしょう。

こうした生き方を若い世代に示すことは、先輩方の大切な役割の一つといえます。それは、次の世代の人たちにとって、

「人生の先輩からの貴重な教え」となるのです。

 私も自分の心はいつまでも青年なのですが、若い方々との勉強会やふれあいの中で、自分が歳をとったと実感することが多くなってきました。

 そんな時、以前の私は、そんなことにはついて行けない、出来ない、無理、もうダメだ・・・ と落ち込んで諦めていましたが、ある時から“このままでは  いけない”と思い、自分が過去にやってきたことやプライドを捨てて、若い人の素晴らしいところや、自分にないところ、出来ていないところを素直に見習う ようにしました。すると、そこから急に心も体も若返ってきて、「10歳くらい若くなりましたね!」と言われるようになりました。(笑)

これからも、心や体とともに頭(考え方)も柔らかくして、若い方のパワーエネルギーを少しでも多く吸収して、明るく、楽しく、健康な毎日を過ごしたいと思っています。

これまでの麗明堂コラム

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP