宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 水・日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

2021年 3月コラム

公開日:2021年04月13日 カテゴリー:2021年, 麗明堂コラム

近ごろ、暖かい日と寒い日の気温差が激しく、体調管理の難しい日が続いて  いますね。まだまだ寒い日もありますので、気を付けてお過ごしくださいませ。

そこで、今日は『免疫を上げる入浴法』についてお話したいと思います。

まずは、体温のお話からですが…

日本人の10歳から50歳までの平熱は36.89℃と言われています。

ウイルスは、低温で増殖しやすい性質を持っているので、体熱を上げることに よって抑制しようとします。ちなみに、インフルエンザウイルスは38℃で動きが止まりますので、体は高熱を出してウイルスをやっつけようとするのです。

私たちの体は体温が38℃になると、細胞内でHSP(ヒートショックプロテイン)が生成されます。

HSPは、細胞の品質管理者のような働きをしていて、

①タンパク質を元気な状態に復元する

②免疫系のリンパ球や樹状細胞を活性化する

このような働きをするのです。

ですから、私たちが入浴をするときに『免疫を上げる入浴法』を実践すると、お風呂に入ることで細胞内のHSPを増やして、ウイルスをやっつける免疫を上げることができるのです。

 その入浴のしかたとは、

①42℃を10分間

②41℃を15分間

③40℃を20分間 

①、②、③のどれかで体を芯から温めて、湯上り体温37℃以上を10分以上保持することだそうです。

 入浴によって免疫を上げられるなら、お風呂に入るときに温度時間を意識して、病気になりにくい体をつくっていきましょう!

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP