宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

物語が変わる前に・・・

公開日:2020年07月22日 カテゴリー:ブログ, 元気な赤ちゃんが授かるために…

 皆さん こんにちは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 皆さんは、近ごろテレビでこのようなCMをご覧になりましたか?

「桃太郎は、あまりの暑さに桃を飛び出し、川を泳いで行ってしまいました。

かぐや姫は、森林伐採で竹を見つけられず、人魚姫はゴミが邪魔で地上にあがれませんでした。

物語が変わる前に、守りましょう。地球環境。民放連です。」

これは、2020年度の日本民間放送連盟のスポットCMです。

このCMを見ていて、いつも私が話していることと似ているな~と思っていたら、私が子宝相談をするときに「なぜ、少子化と言われる時代になったのか?」という原因について、25年前から似たような話をしていたことに気づきました。

 分かりやすく言いますと、環境がわるくなってしまうと、本来のはたらきができなくなってしまうということです。

 例えば、レストランで料理を作るときに、①新鮮な材料、②腕のいいシェフ、③最新の調理器具が揃っていたとしても、④厨房が汚れていてカビや埃まみれになっていたらどうでしょう・・・ 料理を作る前に、まず時間をかけて大掃除をしなけてば、いくら料理を作ろうと思っても環境が整っていなければ作ることができません。

 それと同じように、赤ちゃんが欲しいと思った時に、おじいちゃんやおばあちゃんの時代と違っていて、食生活が欧米化して、食品添加物の量は数十倍に増え、ダイオキシンなど環境ホルモンによる影響も言われていますので、妊活でいろいろな対策をする前に(すると同時に)ご主人様と奥様の細胞と血液の大掃除をすることの必要性をいつも店頭でお話しているのです。

 私が子宝相談を始めた26年前に、なぜ私がここに着目したかと言いますと、おじいちゃんやおばあちゃんの時代は兄弟の数は5人から10人はいたのに、たった数十年で赤ちゃんができないと悩む夫婦が10組に1組になり、今では5組に1組になっています。これは、全国共通で地域差はほぼありません。ということは、まず赤ちゃんが授かりやすい環境を作ることから始めなければならないと思ってご夫婦の体をきれいにすることを始めたのです。

 すると、生まれてきた赤ちゃんが本当に【玉のような肌のきれいな元気な赤ちゃん】で生まれてくるのです。

それから26年。さらに、環境問題が進む中、問題が深刻になっています。

 冒頭のCMが、子宝においても物語の内容が変わる前に、気づいた時から、気づいた人から体の細胞と血液をきれいにして、物語を本来の話のままにしていきたいとそう思っています。


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

instagram

line

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP