宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

思いと言葉

公開日:2020年08月04日 カテゴリー:これからの人生に役立つ話, ブログ, 心のお話, 素晴らしいお話

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 夏本番!今日も暑い一日でしたね… 

 今日は、CSコンサルタントの三枝理枝子さん『自分磨きの習慣』から「思いと言葉」をお伝えしたいと思います。

 言葉にすることは、心を伝えることにほかなりません。かつての日本人は言葉巧みに多くを語るのではなく、少ない言葉の中に思いを込めて伝え、聞き手はその言葉の中にある心を感じることを重視し、相手の心を受け止める力を備えていました

 しかし、現代では直接的なもの、明確な表現が好まれているようです。

「で、いったいどういうこと?」

「分かるように伝えてください」

「結論は?」

と、曖昧さや例え話を嫌うようになり、心を巡らせて心を探るという作業をストレスと感じる人も多くなっています。

 効率よく伝わり、単刀直入で分かりやすい「楽(らく)」の価値観が浸透しているからか、残念なことに、言葉に隠された「その思い」を感じ取るおもしろさを味わえなくなっていませんか?婉曲的なやり取りの中だからこそ、短い言葉だからこそ、そこには心が表れてくるのです。

 つまり、これでもかこれでもかと【足し算】をして話をするのではなく、【引き算】をして出てきた言葉を慎重に選び、奥ゆかしく表現することは人間的であり、非常に心に光が当たっていくことになります。

 正解を端的に伝えてくれるIT。ロボットはますます普及していくのでしょうが、ちょっと待って!私たちは生身の人間です。相手の心を慮り(おもんばかり)、相手の心を受け止める。人は心があり、心を通わせることができる素敵な存在です。それこそが人間だけができる高尚なコミュニケーションではないかと思うのです。

 見えないものや聞こえないものを感じ、想像することで感応する。そういった人間の美しい機能を忘れず、大切にしていきたいですね。

(月刊誌れいろう 7月号)

 私は、「あの時、言えばよかった~」と思うよりも、「あの時、余計なことを言わずに黙っておけばよかった・・・」と後悔することのほうが圧倒的に多く、いつも反省しています。

 ですから、文中にある【足し算】をして話をするのではなく、【引き算】をして出てきた言葉を慎重に選び、奥ゆかしく表現することの部分は、こても心に響きました。

 カウンセリングでは、その人にとって必要なことだけを伝えることに集中していますが、プライベートでも実践していこうと思っています。


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

instagram

line

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP