宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

妊娠力を上げるコツ!⑤「夫婦生活のタイミング」(後半)

公開日:2020年06月25日 カテゴリー:データ, ブログ, 女性不妊について, 男性不妊について

 皆さん こんにちは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 今日は、妊娠力を上げるコツについての5つ目のポイントの後半をお話します。

 まずは、昨日ご紹介しました【年齢別・妊娠しやすい日の自然妊娠率】のグラフをご覧ください。

 これから、「夫婦生活のタイミングは、いつがいいのか?」について、どのように考えていけばよいのかについてお話します。

 グラフをご覧いただければ、排卵当日の2日前に夫婦生活を行うと妊娠率が一番高いことが分かります。これは、見ていただければ一目瞭然です。これは、生理がリズムよく、きちんとくる方にとっては、もうすぐ排卵日だから2日前のこの日に夫婦生活のタイミングを取ればよいことが分かりますが、生理の周期が整っていない方にとっては、いつが排卵日かの予想がつかないので、排卵当日の2日前に夫婦生活を持つように言われてもタイミングがとりづらいのです。

 そこで、これも皆さんご存知のことと思いますが、卵子の寿命は約1日で、精子の寿命は約3日あるのですから、ある意味精子を子宮に送り込む夫婦生活は生理が終わって数日したら、2日おきに夫婦生活を行えばよいのです。このタイミングの詳しいアドバイスは、付けていただいた基礎体温票を見ながら私がカウンセリングの中でアドバイスも含めて行います。

 また、夫婦生活は子宮の最高のストレッチになりますので、排卵当日の2日前の日だけに夫婦生活を持つよりも、その日までに2日おきに数回夫婦生活を行っているほうが断然妊娠率が高いのです。ですから、わざわざ排卵検査薬を購入されて、サインが出たらその日にだけ夫婦生活を行うよりも、あまり細かいことは気にせずに、生理が終わって数日したら仲良く2日おきに夫婦生活を楽しんでいただく方が結果が良いように思うのです。人工授精を行っている夫婦でのデータですが、夫婦生活を週に0回のグループと、週に2~3回のグループに分けた場合、妊娠率の違いを見てみると、週に2~3回夫婦生活を行ったグループのほうが断然妊娠率が高かったことからも、普段夫婦生活をしている方が赤ちゃんが授かりやすいことがお分かりいただけると思います。ここでのポイントは、このデータは自然妊娠ではなく人工授精でのデータですので、夫婦生活の回数が多いほうが何かしら子宮によい影響を与えていると言えるのです。ということで、私は排卵検査薬を使用して夫婦生活のタイミングを計ることを、あまりお勧めしていません。

 夫婦それぞれの年齢については、もちろん若ければ若いほど卵子や精子にパワーがあるので妊娠率が高くなりますが、赤ちゃんができないと悩みに悩んでご来店されるご夫婦は30代後半から40代がほとんどですし、このことについては当人たちの方が痛いほど分かっていらっしゃいますので、卵子や精子の質を上げるためにこれから何ができるか?について私の知っていること、そして私のできることをお伝えしています。

 どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。

「あわてず、コツコツ、あきらめず」

この気持ちで、念願を叶えるために頑張っていきましょう! 


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP