宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

女性の妊娠力が長持ちするための条件

公開日:2020年03月20日 カテゴリー:ブログ, 女性不妊について

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 今日は、女性の妊娠力が長持ちするための条件について、出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門フリージャーナリストの河合蘭さんの著書『卵子老化の真実』より、女性の妊娠力が長持ちするための条件についてご紹介させていただきます。

 人は何歳まで妊娠できるのでしょうか?

【閉経までは産める!】と思っている人が多いようですが、それは基本的にあり得ません。

 専門家の間では、一般的に女性が出産できる最後のチャンスは「閉経の10年くらい前」と言われています。閉経年齢は日本女性を対象にした最近の調査によると、平均が50歳。45歳から56歳までの範囲内に8割の人が入ると言われています。つまり、それから10年を引くと、一般的に女性が出産できるチャンスは、35歳から46歳という計算になるのです。

 妊娠力は、突然ストンとなくなるわけではなく、ゆっくりと時間をかけて少しずつ減少していきます。

「妊娠までの月数がかかる」

「妊娠しても流産しやすい」

といった産めるか産めないかよく分からない曖昧な時期を経て、少しずつ妊娠しなくなっていきます。

 

 脳下垂体からの女性ホルモンの分泌は確かに閉経まで続き、子宮内膜は増殖して、やがて剥がれ落ちて『月経』が起きます。ですから、見かけ上は生殖可能な状態が続いているかのように見えます。しかし、30代後半になると、卵巣の中では卵子の老化がどんどん進行しています。

 女性の妊娠力が長持ちするかどうかは、

・持って生まれた資質

・性生活の頻度

・それまでの出産回数

・喫煙

・疾患

・精子の状態

・食生活

・規則正しい生活

など、いくつもの要素に左右されます。

 

 でも専門家たちが、口を揃えて言うのは、妊娠力とは、何といっても【若さ】だということです。

 麗明堂の子宝専用HP

 

https://www.reimeido.com/  クリックしてください。

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら ← か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 携帯やパソコンから24時間いつでも聞けるインターネットラジオで、最新の番組は『すべての「いのち」が輝きますように!!』についてお話しています。ぜひ、お聴き下さいね!

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/
漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com
〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP