宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

夏のごあいさつ

公開日:2020年08月08日 カテゴリー:ブログ, 昔からの言い伝え

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 今日は、月刊誌『職場の教養』から、【はがきを用いた夏のご挨拶】についてお話させていただきます。

 はがきを用いた夏のあいさつには、暑中見舞い残暑見舞いがあります。

暑いさなか、普段会えない人や、お世話になった人の健康を気遣ったり、書き手の近況報告をしたりするこの習慣は、江戸時代から始まったと言われています。

 お盆に里帰りする際、先祖へのお供え物を持参する風習から、お世話になっている人に贈り物をする習慣へと変わりました。明治時代になると郵便制度が発達し、簡素化されて挨拶状を送るようになり、現在の便りの形となったのです。

 暑中見舞いと残暑見舞いの違いは、はがきを出す時期ですが、それぞれの期間を知らない人は案外多いかもしれません。諸説ありますが、暑中見舞いは梅雨が明けてから立秋まで、残暑見舞いは立秋から8月末までが一般的です。

 書き方は、お見舞いの挨拶から始まり、健康を尋ね、自らの近況を知らせます。結びには、相手を気遣う一文を添えて、日付を入れて締めくくります

 同じ挨拶のはがきでも、年賀状とは、またひと味違った趣があります。夏らしい絵はがきに、日頃の感謝の気持ちを文字に表してみてはいかがでしょう。

(職場の教養 8月号より)

 今年の夏は、コロナの影響で、例年にも増して、この夏に会えない人が多くなっています。そこで、今年は時間を作って、一人でも多くの方に暑中見舞いを送ろうと思っていました… が、7月末から8月上旬にかけて、なかなか忙しく時間が取れませんでした。

 昨日、ふと気が付くと、昨日の8月7日が立秋で、今日からが残暑見舞いです。

書き方に書いてある通り、健康を尋ね、相手を気遣う一文を添えて、心を込めて書かせていただこうと思います。

 これからお盆ですね!皆さん、大切な方と素敵な時間をお過ごしくださいませ。


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

instagram

line

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP