宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

ネズミやウサギを見習おう!

公開日:2020年05月11日 カテゴリー:これからの人生に役立つ話, ブログ, 健康のお話, 食の話, 食養生の話

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 今日の、「ネズミやウサギを見習おう!」のテーマを見て、「???」の方も多かったのではないでしょうか?

今回私が皆さんにお伝えしたいのは、私たちよりもネズミやウサギのほうがよくやっていること・・・

それは、『よく、噛むこと!』です。

 私たちは、一生のうちに約1万トン以上の食べものを口から入れて小腸を通過していきます。その時に、いろいろなバイ菌も一緒に入ってきます。そこで、小腸は異物を体の中に入れないために様々な防御システムを構築しています。

 その中の一つであるIgAという抗体は、免疫の初動部隊でヒトの体の粘液中に多く含まれています。例えば、母乳や鼻水や唾液などで、バイ菌を体の中に入れずに、体を守ることが目的です。ですから、母乳で育った赤ちゃんはしばらくの間、病気をしないための免疫をお母さんからもらえるのです。

 また、鼻水はバイ菌をくっつけて中に入れないようにしてくれていますし、唾液はバイ菌を始め、いろいろな菌や発がん物質まで殺してしまうほどの殺菌作用も持っています。ですから、よく噛んで唾液を出すのは、消化のためでもあるのですが、バイ菌を殺す目的もあるのです。

 でも、誤って腐ったものや食べてはいけないものを食べてしまった時は、皆さんどうしますか?私は子どものころに、湯呑みに入っていたお水を飲んだら、母が茶渋を取るためにハイターを入れた水を飲んでしまい、死ぬかと思うくらい、これはヤバいと思ってすぐに吐きました。そして、何度もうがいして、大量の水を飲んで助かりましたが、本当に大変な思いをしました。

 そこで、今回テーマに出てくるネズミウサギ、その他にハムスターなどは、どういう特徴を持っているかというと、元々吐くことができない動物ですので、自分の身を守り、バイ菌を体に入れないためによく噛んでるのです。一度バイ菌を体に入れてしまったら、吐くことができないので、その前にしっかり唾液で食べものを殺菌してしまうのです。

 私たち人間は、しっかり噛んですり潰すことができる臼歯を持っているので、噛んで食べれば食べるほど殺菌ができて、消化を助けることができます。だから、ひと口30回噛むと良いのです。

 この話を店頭でしていると、「今まで噛むと体に良いと聞いていたけど、その理由が分からなかったので早食いでした。」と仰る方がいかに多いことかと驚きました。

 食べ物が溢れている今の時代、早く食べないと他の誰かに食べられしまうことはありません。ご自身の健康のために、ぜひ、食事はよく噛んで、ゆっくり食べてみてくださいね。 


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP