宮崎市にある子宝・ガン・ダイエット・健康の相談薬局です

漢方の麗明堂
0985722368宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
受付時間 10:00〜19:00 日曜定休 
メインメニュー
くすりの麗明堂

「いい話」と「よくない話」の伝え方

公開日:2020年05月26日 カテゴリー:ブログ

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 コロナでおうち時間が増え、休日の講演や出張がすべてなくなって、お休みの日には家で資料の整理をしていたら、過去の「ニューモラル」を読んでいて、とても為になるお話をたくさん見つけました。

 今日は、『ニューモラル 604号』「うれしい言葉 耳の痛い言葉」から、いい話とよくない話をどう伝えるか・・・ についてご紹介させていただきます。

 「いい話」・・・例えば、「よいことをした」とか「すばらしい人だ」といったことは、直接本人に伝えるより、むしろ周囲の人たちに伝えよう。「いい話」を聞いたら、みんな心温まる思いがするでしょう。直接の褒め言葉はおべっかのようになって、お互いのためにならないこともありますが、巡り巡って本人の耳に入った言葉なら「自分の知らないところで、そんなふうに言ってくれていたのか!」と、かえって喜びが大きくなるのではないでしょうか。

 反対に、「よくない話」・・・失敗したことや、欠点・短所にかかわることは、周囲の人たちには一切言わないこと。「忠告」「注意」は誰もいない場所でこっそりと、直接本人に教えてあげると良いでしょう。

 確かに「人を介して伝わる言葉」は、かかわる人が多くなるほどにインパクトが大きくなるものです。「よくない話」を本人のいない場所で第三者に言えば、陰口になります。自分が陰口をたたかれていたことを知って、うれしく思う人はいないでしょう。たとえ自分に非があり、その事実を指摘されたにすぎないとしても、人を介して自分の耳に入れば、ますます受け入れがたい気持ちになるのではないでしょうか。

 私たちの言葉は、よくも悪くも周囲の人たちに影響を及ぼします。もしかすると、私たちが思う以上に大きな影響が生まれているのかもしれません。「よい影響」であれば、ぜひ広めていきたいものですが、「悪い影響」は極力抑えるべきでしょう。また、万が一にも陰口に打ち興じているとしたら、自分の口から発した「よくない話」を一番近くで聞くことになるのは自分の耳であるという点も、心に留めなければなりません。

 日々口にする言葉が、自分や周囲に与える影響を、見つめ直したいものです。

 

 本当にそうだなぁ~ と思いながら、今回改めて読ませていただきました。

 私は、自分の目標の一つに、「よく考えて言葉を発する」というのを掲げています。

 無意識に、考えなしに人に発している言葉ほど余計なことを言っていることが多く、思いやりや優しさが足りなくて相手や周りの人を傷つけてしまいます。

 そこでそれを改善するために、言葉が口から出る前に、ここでこの言葉を発したら相手や周りの人はどう感じるだろうか?と思いながら、一度シュミレーションして話すようにしています。いちいち頭で考えてから話すのは面倒な感じもしますが、一度口から出た言葉は引っ込めることができませんので、これは技能として身に付けておくよう心掛けるようにしています。

 


~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、バナーをタッチ していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

漢方の麗明堂
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

https://reimeido.com

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

月別一覧

カテゴリー一覧

メールフォーム
2020年 7月
29
30
1
2
3
4
5
健康応援🉐キャンペーン
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
麗明堂ポイント2倍の日
27
28
29
30
31
1
2

定休日

金丸先生の養生訓話
金丸先生のひとりごと
まごころを毎月お届けする
360view
メディア出演実績
PAGE TOP