モバイルサイト

耳寄り情報
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1933 | 1934 | 1935 || 前へ »
 2017年11月19日
カテゴリー:アメブロ ( これからの人生に役立つ話 )

お母さん、幸せですか? ② 母に救われた人生
 今朝は一段と底冷えする朝を迎えましたが、皆さんお元気でしょうか?

 さて昨日から、子育てで頑張っているお母さん方にきらめく人生を送っていただくための応援としまして、幼児徳育教育コペル代表の大坪信之さん(日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー)の書かれた「お母さん、幸せですか? ~子供の生きる力の育て方~ 」についてご紹介しています。
 今回は第2回「母に救われた人生」です。

母に救われた人生

記者) 大坪さんも幼少期に「母の愛」に救われていたと。

大坪さん) 成長過程で治っていきましたが、私は中学校入学までADHD(注意欠陥・多動性障害)でした。

 言葉は話さないし、急に泣き出す。「そんなことをしている場合じゃない!」と言いながら、友だちがグラウンドにひいた白線を後から消していったり、ぶつかったらどうなるのか知りたくて、公園にあるコンクリートのすべり台に向かって全力でぶつかってみたり。
 当時は、誰も障害だなんて思っていませんでしたから、小学校では常に先生に「悪い子ね」と叱られ、クラスではいじめられ、父親にさえ「お前はだめな子だ」と言われ続けてきました。友だちもいないつらい時期でした。

 そんな私のたった一つの救いが母親の存在だったのです。どんなことをしても、警察が呼ばれる事態になっても、母の態度は「がん」として変わることはありませんでした。
「あなたはいい子だ。お母さんは信じている」
 そう言い続けてくれたのです。仏のような母の愛に救われ、今の私があります。

 たとえ子供がどのような状況でも、私のようにADHDの場合でも、母の愛は必ず伝わりますから大丈夫です。

 
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1933 | 1934 | 1935 || 前へ »
耳寄り情報ここまで


総合:212097 (今週::1222 昨日:300 今日:033) [Mode] Since 2009-02-09