モバイルサイト

耳寄り情報
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 || 前へ »
 2016年12月30日
カテゴリー:アメブロ ( 素晴らしいお話 )

なぜ、かさじぞうのお話をするといい事が起きるのか?(1)

 いよいよ、今年もあと一日で終わりですね…

 ここ数年は、年の瀬も迫った年末のカウンセリングの中で、一番最後に「かさじぞう」のお話をよくしています。

 なぜか?というと、私がこのお話をしていると、皆さんに良い事がよく起こるからです。

【私の持っている『かさじぞう』の絵本】
笠地蔵 絵本(1)  
 皆さんもよくご存知の「かさじぞう」のお話

簡単にあらすじをお話しますと…

  貧しいけれど、心の優しいおじいさんと、おばあさんがおりました。

ある年の年末にお正月を迎えるのにお正月のおもちを買うお金がなくて、二人で笠を編みました。

雪の降る寒い大みそかに、おじいさんは町へ笠を売りに行きますが、全く売れずに帰ります。

その途中に6体のお地蔵さんの頭に雪が積もっていたので、心優しいおじいさんは、その売れ残った笠を
お地蔵さんの頭にかぶせてあげるのです。6体のお地蔵さんに笠は5つしかなかったので、最後のお地蔵さんには自分の手ぬぐいを掛けてあげるのです。

 おばあさんは、火をおこしておじいさんを待っていましたが、雪まみれになって帰ってきたおじいさんを見て驚いてこう言いました。

「まあ まあ、じいさま。笠もかぶらんと。外は寒かったじゃろうに。それで、笠は売れましたかのう。」

おじいさんは、申し訳なさそうに、お地蔵さんに笠をかぶせてきた話をしました。

 すると、おばあさんは何と言われたか?を皆さんは覚えていらっしゃいますか。

おばあさんは、がっかりするどころか、ニッコリ笑ってこう言うのです。

「そりゃあ、いいことしてきなさった。笠が役に立ってよかった!よかった!」

そして、その晩は食べ物もなかったので、漬け物で年を越したのです。

 ここからが、深イイ話なのですが・・・

皆さんは、今晩食べるものもない状態の時に、前の日にせっかく作った笠をすべてタダであげて帰ってきた身近な人に、ニッコリ笑って迎えて、このおばあさんみたいに「笠が役に立ってよかった!よかった!」と心から言えるでしょうか?

 是非、他人(ひと)事と思わずに考えてみて下さいね!

 この続きは、大みそかの日に…


 
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 || 前へ »
耳寄り情報ここまで


総合:174026 (今週::928 昨日:171 今日:068) [Mode] Since 2009-02-09