モバイルサイト

耳寄り情報
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1795 | 1796 | 1797 |...| 1898 | 1899 | 1900 || 前へ »
 2012年11月21日
カテゴリー:アメブロ ( 勉強会資料 )

宮崎県の有志による 漢方勉強会
昨夜は、地元の宮崎県で 真剣に漢方を勉強しようという薬局の若手の先生方と、
日向市で2時間 漢方についての意見交換をしてきました。

県北ホノミ勉強会

私も20年前 宮崎に帰ってきた時には、バリバリの若手だったのですが、
今では、漢方の宮崎支部長を拝命して 早14年!
気持ちだけは若いのですが、いつの間にか・・・
みんなの【ご意見番】になってしまいました。

漢方は 勉強すればするほど、本当に奧が深いです。

昨日は、『のぼせ』について話し合いました。
のぼせる方には、黄連、黄柏、大黄などの苦味のある生薬を
使いながら熱を取りますが、その人の熱の状態や、胃の強さ、体力、体質によって
その人に合った生薬や、その人に合った量を決めていくのが私たち漢方薬剤師の
腕の見せどころです。

今回も、皆で意見交換をしながら一人ひとりに合ったベストの処方と
その人にちょうど良い生薬量を検討しました。
勉強をすればするほど感じるのは、一番奧が深いのは私たち人間の体だ
ということです。
私の仲間は、常に研鑽を重ねて真摯に学びながら、
一人でも多くの方に喜んでいただきたいと思い、毎月勉強会を続けています。

私が相談を始めたときに、とても感動した東洋医学の言葉を
今日は、最後に紹介したいと思います。


病いを治すに当たりては
西洋が全てではなく 東洋が全てでもない
しかし 古来から伝わる 東洋医学の素晴らしい知恵は
誠に 捨て難い


 
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1795 | 1796 | 1797 |...| 1898 | 1899 | 1900 || 前へ »
耳寄り情報ここまで


総合:202926 (今週::883 昨日:327 今日:217) [Mode] Since 2009-02-09