モバイルサイト

耳寄り情報
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 |...| 1840 | 1841 | 1842 || 前へ »
 2013年 3月24日
カテゴリー:アメブロ ( お店での出来事 )

自分の輝くところで、一番を目指す!(2)

今日は、早速、昨日の続きからお話しさせていただきます。

【昨日のブログの内容はこちら↓】

http://ameblo.jp/reimeido/entry-11496193004.html



 本当にそうだったのです。今でもそう思うのですが、私は薬屋の息子に生まれていなかったら・・・ 多分、社会の先生になっていたような気がするのです。


 でも、親の後を継ぐことは決めていましたので、不得意な物理や数学を勉強して、薬学部を卒業して、薬剤師の国家試験を取らなくてはいけない

 正直、苦痛でした。

  

 そんな時、こんな考え方をするようになったのです。

薬剤師としての仕事は、大学や企業の研究や、病院や調剤薬局などの調剤業務だけではなく、自分がしたくて、一番輝ける相談(カウンセリング)という仕事がある。

 だから、薬剤師の資格を取ったら、自分の一番輝くところで頑張ればいい! 自分の得意な土俵で一番を目指そう! と・・・

 それからは、同級生の殆どが、大学や企業の研究の仕事に就いたり、病院や調剤薬局で働いていても、自分を輝かせるところはココだ!と信じて、迷わず漢方の修行を始めたのです。理数系の勉強では勝てなくても、これだったら人には負けない!! そんな土俵を作りたくて・・・


 社会人になってからも、薬剤師になったみんなが集まる同窓会で、

「金丸は、何で今さら漢方の修行なんて、そんなことをしているの?」

「おまえ、もっと良い所に就職できたのに、もったいないね!」

と、そんなことを30代までは、よく言われました。

 一時は、一流企業に勤める同級生の給料の半分以下の時もありました。でも、私は薬剤師として身体のことで悩んでいる人の相談(カウンセリング)をしていくんだ!としっかり心に決めていましたので、そう言われるのは悔しかったけど、迷いませんでした。


 そして、近頃になって、薬剤師になって20数年の時を経た今の同窓会では、こう言われるようになったのです。

「金丸、おまえは昔から一途に漢方の勉強してたもんな~」

「おまえは、したい仕事が自分で出来て、羨ましいよ!」


 もちろん、今でも私は理数系は苦手ですので、薬剤師としては三流かもしれません。でも、もしかしたら、薬剤師の資格をもつカウンセラーとしては、きっと世の中のお役に立てているように感じるのです。

だから、決して負け惜しみではなく、今になって思うと “頭が文系で良かった” のです。


 仕事というのは、生活のためにお金をいただくことも大切なことですが、決してそれだけではないと思うのです。人生のうちの半分、いや人によっては(私もそうですが…)人生の半分以上の時間を仕事で働いているのです。ですから、一生を終える時に、または定年を迎える時に、自分で“いい仕事をしたな!” と思えて実感できる人が、幸せな人だと思うのです。


 Tさんの娘さんは、笑顔のかわいい、まじめで、やさしい子なので、きっと素敵な社会人となって、将来世の中のお役に立てる素晴らしいお仕事を続けていかれると、私は思いますよ!』


 先日、私は、Tさんにそんなお話をさせて頂いたのです。


 まずは、自分の輝くところで一番をつくること・・・

身近なことからでもいいと思います。

「私は笑顔なら一番!」 「私は挨拶なら一番!」 「私は優しさなら一番!」 「私は○○なら一番!」

これをどんな状況でもぶれずに続けていたら、10年後、20年後には、きっとスゴイことになっていると思います。継続は力なり ではなく、継続こそが力なのです。


 運転免許で言うならば、学生時代はいくら運転が上手くても、まだまだ教習所の中の仮免許だと思います。社会人になったら、それこそ実地の路上運転ですので、ここからが本番です。いくら、教習所で100点をとっても、路上運転で油断して事故を起こしては意味がありません。社会人として、人のお役に立つために、学生時代の勉強をしっかり頑張っていただきたいと思います。


 
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 |...| 1840 | 1841 | 1842 || 前へ »
耳寄り情報ここまで


総合:196760 (今週::832 昨日:185 今日:220) [Mode] Since 2009-02-09