モバイルサイト

耳寄り情報
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 |...| 2036 | 2037 | 2038 || 前へ »
 2013年10月 7日
カテゴリー:アメブロ ( 子宝に恵まれる心の持ち方 )

ちょっといい話 「受けとめ方を変える」

 今日は、心を育てる小冊子の中に、とてもいいお話がありましたので、ご紹介させて頂きます。

 

『受けとめ方を変えてみよう!』

 人は悩みに陥ると、どうしても悩みそのものにとらわれがちです。

そんなとき、少し立ち止まって別の角度から物事を見てみることで、解決の糸口が見えてくるのではないでしょうか?


 自分の悩みが、「他人」や「自分に関わりのないところで他人が引き起こした物事」にあると考えると、その「他人」が変化しない限り、問題は解決しないことになってしまいます。


 私たちは、他人を変えることはできません。そして、過去を変えることもできません。しかし、今の自分の考え方を変えることで、他人の言葉や行為、そして、過去に起こった物事の『受けとめ方』を変えることはできます。これは、私たちの心が持つ大きな力だと言えるでしょう。  ニューモラル(505号より)


 私はこの文章を読んで、以前に読んだ本の中に、“他人と過去は変えることができないが、自分と未来は変えることができる”と書いてあったのを思い出しました。

 明らかに原因は自分ではないと思うことは、なかなか自分に目を向けたり、自分が変わろうとしたくはありませんが、自分が変わらないととんでもないこともあります。


 例えば、向こうからダンプカーが突っ込んできたときには、たとえダンプカーが悪くても立ち向かって行ってはいけないのです。自分が、その場から逃げる(自分が変わる)のが正解なのです。

 何においてもこの方法がよいかというと、そうではありませんが、冷静になって、頭を柔軟にしていくことも大切です。

 皆さんも、悩んだ時には、ぜひ今日のお話を思い出してみて下さいね!


 
« 次へ || 1 | 2 | 3 |...| 1610 | 1611 | 1612 |...| 2036 | 2037 | 2038 || 前へ »
耳寄り情報ここまで


総合:247472 (今週::1943 昨日:482 今日:050) [Mode] Since 2009-02-09