モバイルサイト

耳寄り情報
 2017年12月13日
カテゴリー:アメブロ ( 勉強会&研修会 )

私の原点になる漢方
今日は、月に一度の地元宮崎での漢方の勉強会に参加してきました。
今の私があるのは、この漢方のポリシーと考え方が一流で、本物で、きちんとしているからだと言っても過言ではないと思います。

漢方には、いくつもの流派があります。
効き目を重視する流派や、広く全体を捉えようとする流派や、体質の弱い人でも対応できるように考えられた流派など、それぞれに特徴があります。

私が、薬学部を卒業して晴れて薬剤師になったときに、父から
「いろいろ漢方を勉強してみるといい。それぞれにいいところがある。お父さんは、その中でも近代漢方のホノミ漢方がいいと思ってやっている。」
と言われました。

そこで、素直に近代漢方を学ぶのも一つの選択肢だったのかもしれませんが、何だか父の言う通りの道ばかりではなく、他の道にも行ってみたい気になったからだと思います。最初は、他の2つの流派の漢方を学んでみました。

でも、他の漢方を学べば学ぶほど、小さいころから飲んでいたホノミ漢方のほうが、自分に合っていて、自分が自信をもって人にいいと薦めるのはこの漢方しかない!と思うようになり、2年間回り道をしたあとに、25歳でホノミ漢方の修行に入りました。

それからの私は一途に、一気に28歳までの3年間、ホノミ漢方漬けの毎日を過ごしました。
一度目標が決まって、方向が決まったのですから、あとは必死に学んで、覚えて、身に着けるだけです。
その後、麗明堂の2代目として宮崎に戻ってきたのです。

ホノミ漢方は、人に喩えていうならば、「いつも頼りになる、安心して任せられる人」だと思います。
そして、品性、品格がある・・・
私から見ると、そんな感じです。

私も、自分自身がそのような品格を備えたいと思っています。

私は、自分が本当に信頼できるもの(商品)を自分のお店に置いています。
そして、自分がその人に一番合っているものを、安心して飲んでいただきたい・・・
と、そう思っています。

今日は、勉強会を終えて、改めてそう感じました。
素敵なご縁に感謝!

【私が20代から学んできたテキスト】
12131.jpg

【私の手垢の付いた、漢方選薬カード】
12132.jpg
耳寄り情報ここまで


総合:271631 (今週::1178 昨日:242 今日:034) [Mode] Since 2009-02-09