モバイルサイト

耳寄り情報
 2017年 9月21日
カテゴリー:アメブロ ( 麗明堂にいただいた嬉しいお声 )

「○○○を飲むと母乳が出てくる!②」 奈良県のHさんより
今日は、昨日の午後からのカウンセリングで、奈良県のHさんからいただいた母乳についての嬉しいお声をご紹介したいと思います。

Hさんは、麗明堂の漢方を飲まれて、現在生後6ヵ月の赤ちゃんをお持ちのお母さんです。
Hさんの体質改善に私が選んだ漢方は、麗明堂のクマ笹エキスと麗明宝とHさんの体質に合わせたホノミ漢方。

産後も二人目を続けて授かりたいとのことから、続けて漢方をお飲みになられていて気づいたことがあるとのご報告を受けました。

ここからは、昨日の続きです。
昨日の内容は、こちら↓
https://ameblo.jp/reimeido/entry-12312469277.html

皆さんは、指をケガした時などに、自分の血液を舐めたことがありますか?
そのときに、どんな味がしたかを覚えていますか?
鉄分とも思えるなんとも美味しくない味がしますよね。
それがミネラルの味なのです。

このミネラルは、海に棲む生き物は常に海水から得ることができますが、私たち哺乳類を含め陸上に棲む動物は、口から入れて補給して溜めておくしかないのです。
そこで、ミネラルを多く含むものとしては、まず小魚や海藻などが思い浮かびますが、それよりもミネラルをたっぷり含んでいるのが『海のミルク』と言われる牡蠣なのです。特に、血が少ない時に重要と言われる鉄と亜鉛が多いので、造血作用が抜群なのです。

その牡蠣の有効成分を損なわずに、ぎゅーっとエキス抽出したものが、Hさんがお飲みになられている麗明宝なのです。
Hさん曰く、「最近、赤ちゃんの飲む量が多いので、お乳の量が足りないと思って、 麗明宝を1日6粒から12粒に増やしたら、お乳の量が増えた感じが分かるくらいゴクゴク飲んだのです。以前に、金丸先生から麗明宝を12粒飲んだら、母乳の量が増えるよ!と聞いていたのでやってみたのですが、本当でした。」
と言っていただきました。

一般に、ビタミン剤と言いますが、ミネラル剤とは言いません。
心のビタミンと言いますが、心のミネラルとは言いません。

ですから、健康な体を維持していくためには、ビタミンと同様にミネラルも欠かせないと思っています。
だって、海の中で生活することはできませんから・・・
陸の上に棲むようになったからこそ、生きていくために溜めておかなくてはならないミネラル!

このミネラルを溜めている血液や骨からミネラルが減ってきたときに、病気が起きやすくなってきます。
ぜひ、皆さんも健康づくりのために『ミネラルの補給』を心がけてくださいね!
耳寄り情報ここまで


総合:271570 (今週::1117 昨日:174 今日:215) [Mode] Since 2009-02-09