モバイルサイト

4.ホルモンバランスを整える身体づくり

 男性ホルモン、女性ホルモンはもともと私たちの身体にはうまく出していくしくみ(機能)が備わっています。専門家から見て、明らかに分泌量が少ない場合は(特に女性の場合)外からホルモン剤として投与することも必要になってきます。
しかし、自分の身体の本来の機能を正常に近づけていくための努力をしていく事も大切です。麗明堂ではホルモンの分泌をつかさどる精巣や卵巣の働きを正常に戻していくための身体づくりを行っています。

5.ストレスに負けない身体づくり

 当店では今までに引越しして辛い環境から離れたとたん妊娠したり、痛い注射を我慢して通院していたのをやめて(ホッとしたのか?)しばらくしたら自然に妊娠したり、仕事が変わって(本人曰く仕事のストレスが大分減ったお陰で)その後長年妊娠しなかった人が妊娠したり、現代医学や理論上では考えられない事もたまに起こっています。

 大げさに言えばすべての病気にストレスが関与しているということですが、不妊では意外とこのウエイト(割合)が高いように私は感じています。例えば、大きいショックを受けた後に突然、生理がこなくなったり、生理不順や生理痛などホルモンバランスが崩れている状態だとよくイライラ・カッカしたり、自律神経(ストレス)と性ホルモンは密接に関わっています。

 ですから当店では裏に隠れた不妊の原因をしっかり見つけ出すためにもお一人お一人のお話を時間をかけてじっくり聴いて相談しています。
男性の精子の状態はストレス(交感神経の興奮)によって大きく左右されますので、可能な限りご主人様と一緒にご来店いただきお話を伺いたいのです。

6.環境ホルモンなどの有害物質を体外に排出していく身体づくり

 環境ホルモンなどの影響で男性の精子の数が年々減少したり、精子に奇形(オタマジャクシの頭が欠けていたり、シッポが短いなど)が出ているという話はもう皆さんも新聞や雑誌などで一度は目にした事があると思いますがいくら気をつけてがんばってみても口から入る食べ物の中に含まれるダイオキシン(環境ホルモンの代表的物質)や食品添加物をゼロにすることはできません。

 麗明堂では、より安心して妊娠⇒出産⇒授乳をしていただくために食養生も含めて有害物質を体外に排出していくデータに基づき身体づくりを提案しています。
・・・・・・・・
 以上大きく6項目の身体づくりをその人その人の体質を見極め、弱いところを中心に行っていきます。
 
« 前のページへ || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · | 次のページへ »

総合:025971 (今週::002 昨日:004 今日:002) [Mode] Since 2009-02-09