モバイルサイト
これまでに196 のコラムを連載しています(2001年7月から連載開始)

コラム
2001年11月のコラム
 相談中に私がよくする小学生の理科の実験をご紹介します。
『まず角砂糖をピンセットでつまんでライターの火を軽く当てます。ご存知の方もおられるでしょうが、角砂糖は黒く焦げてススが残ります。
次に、皆さんご愛用のブルガリスCK-5をつぶしてその粉を角砂糖にまぶして、同様にライターの火を軽く当てると、今度はその角砂糖がボウボウと炎を上げて燃え上がります。』
 ライターの火を当てるというのは、私たちの体の中で消化(つまり酸化分解)をしている状態を表しており、お菓子・くだものや炭水化物(ご飯・パン・めん類等)をうまく燃やしてエネルギーに変えていくために一緒に同じ量の葉緑素が必要だという事です。

 しかし、今の食生活から換算すると1日あたり450gのお野菜(ピーマンにすると何と70個分)が必要になり、とても摂れないことが解ります。
ブルガリスCK-5(1日30粒)の愛用者の方から「コレステロールや中性脂肪が正常に戻った」「体脂肪が減ってきた」とお喜びの声を戴けるのもなる程うなずける訳ですね!!

 
今月のコラムはここまで


総合:162131 (今週::280 昨日:060 今日:081) [Mode] Since 2009-02-09